≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

東日本大震災の歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

風を切りいつかは空を知るだ...
灰色猫
みゆき降るみやまの桜冬枯れ...
舞 
ふふふふと肩を寄せあう紙の...
柊/
果樹園で恋をしている花々に...
灰色猫
春深み梢に繁く啄木鳥の音は...
秋日好

人気の歌人

恣翁
falcon
isnufkin
ななかまど
只野ハル
柊/
寝惚亭奥地新吾
ニーハオ波止場
長崎賢人
水無月
菜々子
夏深
里香
渋柿(しぶがき)
綿釣

もっと見る

人気のうた

山裾にひとつふたつと三又の また咲きいづる春にあうかな
14


令和二年二月二十一日
風を切りいつかは空を知るだろう 幼いつばさ遊ばせながら
17



令和二年二月二十三日
暑いほど翼ひろげる青空が 冬の鳥籠から解き放たれて
12



令和二年二月二十三日
春深み梢に繁く啄木鳥の 音はすれども姿は見えず
10



令和二年二月二十七日
去年の冬過ぎなむ今や枯枝にし 造り花散る春の夜の月
3






令和二年二月二十五日
神様もキャッチボールをしていると 野球帰りに見る飛行雲
5

ー





令和二年二月二十七日
ルンルンという言の葉を荷車に 詰め込み馬車が春の道くる
9


令和二年二月二十四日
佐保姫の衣の裳裾を彩りて なぞえに雪と散れる唐桃
12


令和二年二月二十五日
もっと見る

新着のうた

もっと見る