≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

野菜の歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

あぁ桜 こんなに見事に 咲...
荒野のペンギン
壁あての一人遊びのボール逸...
滝川昌之
亡き母が手を振りくれし病窓...
ななかまど
赤ら引く 肌見られては 忍...
名鈴
新しき春靴おろしいざ会社良...
舞 

人気の歌人

里香
可不可
寝惚亭奥地新吾
西村 由佳里
恣翁
灰色猫

柊/
ななかまど
松本直哉
みりお
夕夏
千葉 甫
舞 
千映2

もっと見る

人気のうた

老い朽ちし桜は八重も九重も 人に見られぬ永久のわびしさ
7






令和二年三月二十八日
利休梅花桃連翹姫辛夷 胡蝶連れ舞う夢の花群ら
15


令和二年三月二十四日
おのが頃いかに忘れでさくら花 わづらひばかり世にわたるとも
7


令和二年三月二十四日
絹の糸 べんがら格子に機の音  地上の星は石畳にも
5




令和二年三月二十八日
花水木今日の蕾の色付きて 弾け始むるところありけり
7




令和二年三月三十日
冴え返る街を往き来る乙女らよ 朝は薄絹夕は皮衣
2






令和二年三月二十七日
勝手口閉じれば小鳥集い来る パン屑やるか眺めていようか
10



令和二年三月二十六日
菜の花のおひたし添える朝食で あなたを春にしてみせるから
11



令和二年三月三十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る