≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

傘のうた

最近拍手されたうた

明けぬ夜も世にはあるらし ...
春咲
七年の介護の末の母の死に涙...
千映
唇がずれた時から予感したふ...
つちだゆういち
へつらうは無様にあらず同士...
揚羽
新生代沖積世未来へのヒト科...
舞 

人気の歌人

あお葉
まぽりん
月虹
ひさ絵
遅寡
松本直哉
もみじ☆彡
揚羽
まゆき
うすべに
KEN
只野ハル
みりお
秋日好
さえね

もっと見る

人気のうた

もろひとの三十一文字の言の葉を 結びかざれる萩の花群
29




平成二十七年九月十八日
新月の眞夜こひ惑ふ杜鵑 赤き金星蒼穹に燃ゆ
7




令和元年六月十五日
潔く散りゆく桜の儚さに 死にゆくことの美しさを知る
25



平成三十一年四月十八日
滝の音に聞こゆるほどのひぐらしの 歌ぞ恋しき梅雨の便りや
26



令和元年六月七日
歩道にて駐車違反の蝸牛 レッカー移動で紫陽花の葉へ
19




令和元年六月十四日
夕暮れをほたるふくろのひともとに 幽く白をともすなな八つ
10




令和元年六月十五日
早苗田のあぜみちゆけば山やまの すがたうつしてあかるきかがみ
3




令和元年六月十二日
ほたる火の淡い追憶うすれゆく  やさしい声の祖父のおもかげ
12




令和元年六月十三日
もっと見る

新着のうた

もっと見る