≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

猫のうた

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

歌詠めぬ心寂しきその夜は ...
梟太郎
本心は少しでも奥 三つ折り...
かげろう
舞い人が体しならせ生む風が...
幸子
今日もまた妻のとこやで男前...
び わ
かたくりの花種落とすその日...
夕夏

人気の歌人

灰色猫
へし切
千映
河のほとり
び わ
只野ハル
浅草大将
芳立
葱りんと
翠燕
KEN
石川順一
煩悩
相市思咲(しえ)
砂乃

もっと見る

人気のうた

なずな摘む乙女の髮はさらさらと 風に淺香の今日の午後かな
15



平成三十年四月十六日
人知れず咲くかや菫この野辺に  頬を寄せればその香仄かに
15



平成三十年四月十六日
騒夜あけ音色澄む街有線の 誰ぞ選りしかリュートの調べ
17





平成三十年四月十六日
幾百の青の鱗を斜にゆく 凪見極めて鯛釣りの船
16




平成三十年四月十六日
流れ過ぐすべてが見せる乱反射  春と夏との境 パステル
9




平成三十年四月十八日
春の霜とけて蒼空映す田に 白鳥群れて落ち穂ついばむ
20





平成三十年四月十六日
ポンと栓はじけば吹き出すシャンパンの ように山肌しだれるツツジ
18




平成三十年四月十八日
風に色のなけれど藤の花ふさを 搖すらば淡くむらさきに染む
15


平成三十年四月十六日
もっと見る

新着のうた

もっと見る