≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

最近拍手されたうた

君の吹くシャボン玉たち弾い...
鳥の詩
ほんとうの自分隠しておいた...
いわこし
歌つくり物言う我に友のなく...
みやこうまし
ピッカピカ人もお花も笑い顔...
夢士
佳き歌に何か悲しみ籠るとう...
ともゆき

人気の歌人

舞 
紫草
鳥の詩
安井シンゴ
みやこうまし
鵺雛
コーヤ
吉野 鮎
長崎賢人
雷鳥
まあさ
なかしぃ卿
へし切
美津村
林林

もっと見る

人気のうた

昏み行く 川辺の上の光る雲  訝り見れば蛍群れたり
13




平成二十九年五月二十一日
ほたる草朝に咲きて陽に萎る 日陰の花の清しき群青
11




平成二十九年五月二十二日
夏の雨ぱらつきながら葉を濡らす 蛹は未だに孵らぬままに
15




平成二十九年五月二十六日
梅雨近し 緑の木々が 呼吸する  空気のにおい 雨降る予感
12




平成二十九年五月二十三日
咲き終る雛芥子の実の風に揺れ 種爆ぜ散りて来る春を待つ
15


平成二十九年五月二十一日
シクラメン 花は枯れても 根は残る  再び咲く日 楽しみに待つ
26




平成二十九年五月二十三日
名も知らぬ鳥のさえずり聞き入って  読んでた本に栞を挟む
32



平成二十九年五月二十一日
人知れず流す涙に耐えきれず 舞鶴草がそっとうつ向く・・・
22



平成二十九年五月二十三日
もっと見る

新着のうた

もっと見る