≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

クリスマスの思い出 乗りもの短歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

そのセンス 才でなければ何...
† 鵺雛 †
背伸びした一夜限りの思い出...
† 鵺雛 †
ふたりからひとりになっただ...
水海はるこ
真剣な研究態度が必要だノン...
石川順一
汝の髮を指梳り抱かるとき祈...
吉野 鮎

人気の歌人

inosann
千映
† 鵺雛 †
日置鳩子
林林
大野 冨士子
己利善慮鬼
幻歌
うたたね☆
滝川昌之
赤いきつね
萱斎院
ふじこ
新座の迷い人
灰色猫

もっと見る

人気のうた

霜置ける橋に 残れる足跡を  照らす 旅籠の屋根の上の月
17


平成二十四年一月十日
朝五時の下向き眉毛優し気に 凍れる空に微動している
3




平成二十九年十二月十五日
風の音ぴたりと止んだ昼下がり 猫の昼寝で我もうとうと
11


平成二十九年十二月六日
鰤起こす雷駆ける北国の 海に降る雪波に咲く花
9


平成二十九年十二月十二日
神木に水の音を聞く少年は 樹木の医師になるのでしょうね
16



平成二十九年十二月十一日
海の胎こえ太りたる牡蠣つぶら 噛めば幼き耳朶さながら
4


平成二十九年十二月十一日
冴え渡る夜空に流る星見むと 目出し帽着け大寒波のなか
19


平成二十九年十二月十三日
北風にコロコロ轉がる枯葉らは 意思を失くした操り人形
6



ー
平成二十九年十二月十二日
もっと見る

新着のうた

もっと見る