≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

「私の2018年」歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

雪の夜半 心にくべる 柴も...
KEN
降る霜は朝陽を浴びて踊り出...
横井 信
芝桜様 御退院おめでとう御...
千映
LAより届きしmail英語...
つちだゆういち
友達か恋愛なのか胸が捩れり...
つちだゆういち

人気の歌人

うすべに
恣翁
*柊
蔓葵
ひさ絵
へし切
千映
志織

ひよこ豆

可不可
夕夏
もみじ☆彡
露草

もっと見る

人気のうた

樹々の枝剪定される冬の日の クロガネモチは赤き實附ける
7



ー
平成三十年十二月六日
炬燵より猫は漁港で丸くなる 尾頭付きにありつけるのさ
17




平成三十年十二月七日
山姥の蓬髪なれや末枯るる 萩の諸枝に霜かがやきぬ
12


平成三十年十二月七日
大雪に満を持してや満天星は 燃ゆるがごとく染まり渡れり
10


平成三十年十二月八日
春風をふくみふくらむ白鷺の 羽ふうわりと浅瀬へおりる
34






平成二十八年二月十八日
初冬の雨定まらぬ地の色に 雪への覚悟溶けて流るる
2



平成三十年十二月十一日
岩船寺わらい仏にいやされて みかんほおばる歩みの重さに
4
m
a
r
k
e
n
平成三十年十二月八日
小春日に春や来ぬらむとおもふ間に 冬をわすれぬ北風ぞ吹く
12


平成三十年十二月九日
もっと見る

新着のうた

もっと見る