≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

野菜の歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

稚児抱き 風にそぞろの 黒...
KEN
旅立ちを彩る桜ひとひらの未...
灰色猫
春風をみそひともじで歌うと...
灰色猫
桜咲くやさしい春はありふれ...
灰色猫
あたたかく舞いゆく桜やさし...
灰色猫

人気の歌人

鶯子
蔓葵
河のほとり
斉藤沙魚
横井 信
荒野のペンギン
寝惚亭奥地新吾

葦川四丁
舞 
松本直哉
西村 由佳里
つばす
陽炎
高松 蓮

もっと見る

人気のうた

重過ぎて 詠むも憚る 歌心  今は黙して 溢るるを待つ
87


平成二十三年三月十九日
初春の便りや年もあらたまの 日出づる町に雪の花ふる
30




平成二十七年六月七日
公園にさくらさくらと歌う声  入学式を待つランドセル
9




令和二年四月五日
「要請をする側無キズ」茂木さんに 言われて気づく口惜しさかな
8


令和二年四月八日
芝犬が窓から見つめる春の街 親子は明るく社会は暗く
3




令和二年四月六日
今週はカレー日和が続きます ひとり暮らしの鍋深きゆえ
35



平成二十二年八月二十五日
僕たちは電話ボックスで嗚咽した 最後の世代になるのだろうね
33



平成二十九年四月十七日
民草の望む心に思いなく おごれる者の久しきはなし
33



平成二十九年六月十五日
もっと見る

新着のうた

もっと見る