≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近拍手されたうた

忘れ得ぬ山河ありしが果て遠...
梟子
対話する寛容を欠く為政者に...
うたたね☆
長梅雨やサッカーボールが泣...
コタロー
信心はお経を聞けば起こるの...
石川順一
湯屋覗く私不埒で且つオタク...
秋日好

人気の歌人

紫草
うたたね☆
野々花
士心
灰色猫
うららん
むらさか
夕夏
関山里桜
新座の迷い人
夢士
び わ
がべじ
夢兎
秋日好

もっと見る

人気のうた

呑まれたる邑は海市となりけるも   廃墟の土に芽吹く蒲公英
31


平成二十七年四月二十一日
合服と夏服のいるこの季節 箪笥に余る服が笑うて
14


平成二十九年六月二十一日
棄てられた自転車だけの人の数  ほんまウチらは 豊かなんやな
24





平成二十九年六月十八日
恐るべし十四歳の腦細胞 盤上に積む駒の明晰
16




平成二十九年六月二十二日
爽やかに若武者なりし十四歳 穩やかに話す言の葉選びて
18




平成二十九年六月二十二日
天の河逢ふ瀬に浮かぶ泡沫は 流れて星のしづくとなりぬ
33




平成二十七年七月七日
腕を這う蟻を潰さず漂わす ストライカー不在のサッカー観つつ
7





平成二十九年六月二十一日
スーパーの野菜を包む新聞が   彼方の国の革命祝う
43






平成二十四年十月八日
もっと見る

新着のうた

もっと見る