無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

オタク短歌 「氷」

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

梅雨明けて今日も沖より白南...
へし切
今朝鳴いた蝉が夕日の沈むこ...
夢兎
ひと夏のかぎりの花を敷きつ...
リクシアナ
今日の歌気の慰みに詠んでい...
みやこうまし
麓郷の森に今年の風が吹く北...
リクシアナ

人気の歌人

笹倉岳子

覆面歌人
へし切
たけくらべ
松本直哉
あふひ*・○・*
月虹
コーヤ
浅草大将
めだか
砂乃
恣翁
とい・こういち
いわなおいびと

もっと見る

人気のうた

うつせみの身はいたづらに物の怪の かりに彷徨ふ夏のはかなさ
19

平成二十八年七月二十四日
「あの看護師の次に俺が上手いんだ」 母の呼吸器着ける父の手
26


平成二十八年七月二十七日
鬼灯の市に見かけしあくがれの 浴衣の君は夏のまぼろし
22





平成二十八年七月二十四日
樹木とて限りの年を思うらし 主なき庭になる桜桃
23





平成二十八年七月二十五日
風吹けば 揺れたる袖に 肌透けて  葭簀の影の 縞を打ちけり
19


平成二十八年七月二十四日
蝉の声だけが聞こえる  陽炎は一夜の恋を燃やして揺れる
14



平成二十八年七月二十六日
涼風の丹の門仰ぎみ社の  玉砂利踏みつ心清しく
15


平成二十八年七月二十六日
あなたから貰ったものは夏の日の 向日葵みたいな一途さでした
28



平成二十八年七月二十八日
もっと見る

新着のうた

もっと見る