≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

スイーツの歌 些細なもの、こと

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

ナタデココお前は一体何者だ...
灰色猫
墓参り 紫陽花点して 憂気...
トウジさん
君遺す 紅の上着で 街に出...
トウジさん
包み込む母の十八番の餡掛け...
あかつき
いっぱいに 悲しみの水が満...
谷村思亜

人気の歌人

うすべに
萱斎院
水紫
みっさん
び わ
揚羽

灰色猫
河のほとり
ケンイチ
千葉 甫
江儀
あかつき
桜田 武
舞 

もっと見る

人気のうた

色あせた母の遺影が見つめおり 闇夜の中にホッと明かりが
8

 

令和二年七月六日
どしゃぶりの雨振り飛ばす蜂のはね  蜜を集める色あせた花
9




令和二年七月九日
摺上の 瀬音五月雨湯のけむり  水面に流し 波來湯の燈り
8



令和二年七月七日
白竹をまず掘るところから始まった 幼い頃の七夕の日
13



令和二年七月九日
皆さんの協力により今日があり 吾は料理をひたすら究め
7

 

令和二年七月八日
むらさきの 匂いたつかな ラベンダー  シュクレフィレ降る 文月のこみち
10



令和二年七月八日
君遺す 紅の上着で 街に出る  躊躇い連れて 温もり連れて   
7





令和二年七月七日
雨の中濡れて咲きたる紫陽花を でんでん蟲が慰めてゐる
9



ー
令和二年七月八日
もっと見る

新着のうた

もっと見る