≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

お魚のうた

最近拍手されたうた

つるされた蚊帳に蛍は放たれ...
アヲノハ
道端に群生したるヒメジオン...
コタロー
道に落つ餌にもならぬもの咥...
コタロー
梅雨最中工事現場は誰も居ず...
コタロー
蔓を出しもたれ上手な夏草の...
滝川昌之

人気の歌人

芳立
まゆき
KEN
アヲノハ
彼岸花
千葉 甫
桜田 武
ななかまど
リクシアナ
遅寡
かげろう
吉野 鮎
秋日好
源卿景
光源氏

もっと見る

人気のうた

霧雨の濡らす幹肌玉雫 臥龍の松に炫る銀鱗
11




令和元年七月十六日
雨が降り待宵花の残る朝 海へ行こうか夏を探しに
8



令和元年七月十六日
宵山の街を浄める夕立に  霞む愛宕の淡い夕焼け
9




令和元年七月十六日
テスト前縁起いいことやってみる 首席はしない実力勝負
7



令和元年七月十七日
胸の奥 願うは故郷の「墓づくり」 でもあなたには「復興」といふ
9




令和元年七月十五日
過ぎし日の結晶ふいにちりりんと 机の裏の銀の髪留め
9


令和元年七月十六日
彼にだけ魅せたいなんて我ままは  通用しない プールサイド
8



令和元年七月十三日
白浪の沖立つ見へて熱帶の 風雨連れきて梅雨明けるらし
9




令和元年七月十六日
もっと見る

新着のうた

もっと見る