≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

「森」 受験生のうた

現在評価期間中 ≫一覧

お題、白 「眉」

最近拍手されたうた

今日という今このときを見つ...
梟子
「過保護だね」という声かる...
inosann
冬晴れのテラスで卒婚語る友...
江戸川きね
枯れる身にシュシュめく大輪...
相市思咲
わがままな王子の星の赤いバ...
相市思咲

人気の歌人

西村 由佳里
藍子
び わ
大和人
紗響
とはと
人麻呂
ラベンダー
Chocolat
緋紗
秋日好
吉野 鮎
萱斎院
夕夏
笹紅

もっと見る

人気のうた

夢語り歌ひ詠ひつ笑まひては  支ふる君こそ太陽であれ
16






平成二十九年十一月二十日
のど飴を 「これおいしい」と 喜んだ  祖父は程無く 意識不明に
17




ー
平成二十九年十一月二十一日
ふかふかの布団の中にまるまって 娘という名の子猫が眠る
22





平成二十九年十一月十七日
真夜に聴く心拍数が減るごとく 弱くなりゆく秒針の音
18


平成二十九年十一月十八日
風の日に この街角に君がいて かじかむ髪にふれた指先
17

:
平成二十九年十一月十九日
憔悴し言の葉ひとつ生み出せず 新たに湧き立つ渇望を待つ
18



平成二十九年十一月二十日
娘の巣立ち近づくごとに我が生の 充実を問う日の多くなる
16





平成二十九年十一月二十日
街路樹の 赤い葉散らす 風浴びて  進める歩み 西日射す街
15




平成二十九年十一月二十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る