無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

「プール」

最近拍手されたうた

気まぐれな野分に惑ひ明け暮...
へし切
四国路の 夏追うような 遍...
人三昧
休日も用事に追われ忙しなく...
ココロザシ
秋めけば別れに漏らす吐息さ...
たけくらべ
我にとり最初で最後の喫煙者...
ももンが

人気の歌人

紫あおい
宗孝
コーヤ
恣翁
沙弥惨状
河のほとり
優器ルミネ
夕夏
芝桜
灰色猫
大野_冨士子
夢士
野々花
只野ハル
たけくらべ

もっと見る

人気のうた

久々に訪ねた街は他人顔 私の居場所どこにもなくて・・・・・
17



平成二十八年八月二十四日
老いたなと妻の寝顔に吾が時の ゆくを偲べる酔い醒む夜長
18

 
平成二十八年八月二十四日
夏過ぎて荒ぶる空の日の本は 野分の果てにため息をつく
18





平成二十八年八月二十四日
子は昼寝 私アイロン 蝉の声  汗を拭き拭き 風を待つかな
18


平成二十八年八月二十六日
夢さめて心の中に吹く風は 夏の終わりの潮騒の音
24



平成二十八年八月二十三日
境内のきざはし下り神籤ひく 槿ふたいろ雨にうつむく
24





平成二十八年八月二十二日
妻と吾と友の畑に汗すれば  雲の薄れて心晴れゆく
18


平成二十八年八月二十五日
問へばただ遠きむかしを風かよふ 小笹ばかりぞそよと答ふる
20





平成二十八年八月二十四日
もっと見る

新着のうた

もっと見る