≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

かき氷のうた

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

今朝もまだ 秋立つ日には...
なりあきら
ねがはくは 猛る暑さを余所...
へし切
ひと夜降る雨は白珠名なき花...
舞 
偶然に出會つた振りをしてた...
茂作
新しき時計をかかげ新しき時...
ななかまど

人気の歌人

滝川昌之
文目
まつばらりょう
しきしま
灰色猫
アガサ
只野ハル
ながさき
香林 塔
KEN
ことほ(言祝)
飛和
今でも幸ちゃん
び わ
横井 信

もっと見る

人気のうた

遠い目の虚空蔵菩薩 夏休み  大仏さまの茅の輪をくぐる
5




令和四年八月五日
何人もTVクルーを従えて カルガモ一家の引っ越しがゆく
14




令和四年八月七日
日の陰に 色散り残る紫陽花の  誰がためにか しのびてぞ咲く
6

 
令和四年八月五日
幼子が指して見上げる夏木立 ひこうき雲が追い越してゆく
6

ー



令和四年八月四日
今はもう他の誰かが暮らしてる 君と過ごした五0二号
16







令和四年八月八日
暑くても夏にかがやく太陽を 今日も待ってる朝のひまわり
10




令和四年八月三日
両の手に眼窩を囲ひ 覗きたる 窓に広ごる闇と森かな
8


令和四年八月四日
きみは今、暗闇の中もがいてる。 憶えているか? 昨日の夢を、
4







令和四年八月五日
もっと見る

新着のうた

もっと見る