≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

一日を森の家なる客となる花...
ななかまど
透けるごと水色染まる額紫陽...
恵雪
余す生物の数にも入らぬが歯...
トウジさん
もういいかいと問へばまだよ...
へし切
犯されるホームぺージのサー...
び わ

人気の歌人

海野 冬雪
さえね
Aquarius
茂作
さいおん
音蔵 雅秀
こいしかる
よひら
夢花火
なりあきら
三條
仙人の弟子
ながさき
半格斎
継海

もっと見る

人気のうた

居間の愛犬の遺骨を土に帰す 眼と心に沁みる骨の白さ
5


 

令和六年五月十九日
サボテンが一夜で大輪白き花 一輪だけが初夏を楽しみ
4

 

令和六年五月二十日
若き頃母の日意識の記憶なし 年降るにふと思う至らなさ
6


 

令和六年五月十九日
ララらラらッまだこの世には無い歌が 出で来るような晴れ五月空
8

 
令和六年五月二十三日
訪れに耳をすませて大いそぎ  開ける窓から見あげれば月
7




令和六年五月十九日
目に緑く若葉見えつつ夏立てば  やま不如歸鳴くが戀しき
11


令和六年五月二十三日
車中から昔の味を反芻す 剥がされ白し蕎麦屋の看板
7
西



令和六年五月二十一日
さみだれの涙しぐれと降りぬれば しのぶの山にかかるおもかげ
12



令和六年五月二十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る