≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

野菜の歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

君がよく眠れますよう静けさ...
斉藤沙魚
やんわりと刺された釘さえ愛...
斉藤沙魚
亡き母が手を振りくれし病窓...
ななかまど
毒ガスの有無を知るためくら...
えんとつcafé
うぐひすは群れず孤高の歌う...
鶯子

人気の歌人

只野ハル
千映2
ななかまど
KEN
里香
鶯子
菜々子
び わ
桜田 武
夕夏
源 卿景
夏深
寝惚亭奥地新吾
名鈴
陽炎

もっと見る

人気のうた

黄昏に泣く子抱きて口ずさむ 月もまどろむ白秋の唄
28





平成二十九年八月二十七日
心地良い戯れ言をひとつ贈られて 触れる夜風がやけに優しい
63


平成二十九年九月十九日
幾年も話さずなりし長男の 安否確かむ部屋の明かりか
32
i
n
o
s
a
n
n
平成二十六年二月九日
自転車で隣の町まで行ったっけ  ぼくがはじめて「おれ」と言った日
87





平成二十一年十月二十二日
つつかれて威嚇しているザリガニを 子はバンザイをしていると言う
29


c
a
平成二十六年六月十七日
横柄なくせに わづかな風にさへ  震へ慄く君のプライド
62


平成二十五年七月七日
筆を持ち背筋伸ばせば横に来て ちょこんと座り真似する娘
29


平成二十八年三月八日
「人の数だけ人生はあるのだ」と 定職つけぬ息子を思う
29
i
n
o
s
a
n
n
平成二十九年七月四日
もっと見る

新着のうた

もっと見る