≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

鳥の歌 新珠の歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

それぞれの 心にうつる 物...
長崎賢人
もこもこの冬毛ふるわせ水辺...
灰色猫
冬の木に花鶏むれ来て休らえ...
ななかまど
見る影に色添ふ風のなかりし...
耕呂人
列島に等圧線が縦並び冬型き...
滝川昌之

人気の歌人

リクシアナ
長崎賢人
へし切
秋日好
灰色猫
千映
松本直哉
青緒
幸子
萱斎院
滝川昌之
源 卿景
寝惚亭奥地新吾
耕呂人
夏深

もっと見る

人気のうた

四才と指を三本出す君は 微笑ましいがいくつなんだい
39


平成二十二年四月二十七日
吾子が手に育て摘みにし野良豆に 優れる肴世にあらめやも
33




平成二十二年四月二十九日
珍しく おんぶしてよと 甘えたる  娘のおもさ 背に味わひぬ
77


平成二十二年三月六日
泣きじゃくる弟なだめ帰る道 幼き姉にコスモス揺れる
83
f
a
l
c
o
n
平成二十一年九月十九日
いつの日か嫁ぐ娘を想ふてか 淋しげに見ゆ雛の面持ち
33






平成二十五年二月十八日
冬の田に子らの歩みて冠雪の 朝影光る遠き山脈
31



平成二十八年十二月十八日
せがまれて未来ある子に折りてやる 紙ヒコーキは水色に飛ぶ
41




平成二十二年三月十三日
傘をさす子がとりどりのおはじきを 弾くみたいに過ぐ朝のみち
11







令和二年一月十八日
もっと見る

新着のうた

もっと見る