≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

猫のうた

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

歌詠めぬ心寂しきその夜は ...
梟太郎
本心は少しでも奥 三つ折り...
かげろう
舞い人が体しならせ生む風が...
幸子
今日もまた妻のとこやで男前...
び わ
かたくりの花種落とすその日...
夕夏

人気の歌人

恣翁
び わ
芳立
葱りんと
笹紅
つちだゆういち
萱斎院
美乃
幸子
秋日好
桃紅
千映
柊:
藍子
梅歌

もっと見る

人気のうた

指先が触れただけでも嬉しかった 人の腰に湿布貼ってる
47



平成二十三年八月二十七日
待つ事にときめく歳は過ぎたけど やはり嬉しい笑顔の帰宅
25



平成二十九年一月二十六日
君ときた四半世紀の山坂は 谷もあったがどれも輝く
26




平成二十九年五月三十一日
冬型の気圧配置と君の頬  どちらも緩んでほしいものです
31






平成二十五年一月十三日
お互いに日々少しずつ老いながら  行ってらっしゃい お帰りなさい
171






平成二十四年十二月十四日
部下と共謝りに行く君の背に 無事を祈りて炊飯を押す
23


平成二十八年十二月二十九日
袋にはピーナツだけが残ってる  妻が摘んだ この柿の種
28






平成二十八年十一月二十七日
駅ビルのカフェにうつむき歌集読む 時間は楽し独りは楽し
23


平成二十九年一月十三日
もっと見る

新着のうた

もっと見る