≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

傘のうた

最近拍手されたうた

明けぬ夜も世にはあるらし ...
春咲
七年の介護の末の母の死に涙...
千映
唇がずれた時から予感したふ...
つちだゆういち
へつらうは無様にあらず同士...
揚羽
新生代沖積世未来へのヒト科...
舞 

人気の歌人

鯉舟
吉野 鮎
西村 由佳里
月虹
逆光にゃんこ
芳立
KEN
揚羽
ななかまど
*柊
まゆき
灰色猫
つゆふみ
煩悩
ひさ絵

もっと見る

人気のうた

子燕の前もうしろも小糠雨 話しかけたき紫しょうぶ
5





令和元年六月十三日
教室の後ろの方の窓のそば 肩を前後に揺らすのは我
5
西

 



令和元年六月十二日
山村の廃校のすみ咲いて散り 青葉となるや見るひともなく
7

 
令和元年六月十三日
徘徊の利用者さんに寄り添いて 部屋へと歩む午前二時半
3



令和元年六月十四日
夕風の素肌を撫でる風呂上がり ベッドに寢れば短歌の浮かぶ
9



ー
令和元年六月十四日
インテリを自称しているあの人の 年賀状にあるアンモナイト
5


令和元年六月十五日
千早振る鯰を制し立つ神の 姿にあわす手先ふるえて
7




令和元年六月十四日
百歳の未来図なんぞ無理の無理 その日その日の無事が大切
14



令和元年六月十三日
もっと見る

新着のうた

もっと見る