≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

ファッションの歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

秋に散る桜見事なフィフティ...
滝川昌之
被災地の心も知らで降る雨よ...
夢士
負けてなを称賛の声鳴り止ま...
夢士
今もなほ 見えない糸で結ば...
へし切
神様になられる方の言の葉が...
灰色猫

人気の歌人

萱斎院
sEj!m0
河のほとり
長崎賢人
朔夜
行中納言中将知邦
柊木
夢士
リクシアナ
Chico
揚羽
可不可
さえね
行宮偏(仮称)
あお葉

もっと見る

人気のうた

月明に照らし出されし厚き雲 金のリングが夜空に浮かぶ
4



ー
令和元年十月二十一日
パソコンが壊れたのかな大慌て うたのわ戻りうたを読み詠む
9


令和元年十月十六日
誰待つか逢魔が時の駅横に 清げおみなの独り佇む
3

 
令和元年十月十七日
外人さん立ち止まってる赤信号  わたしが無視する訳にも行かず
4



令和元年十月二十日
風ごとに雨降るごとにうつろいの 間なくに色の紅葉の山
3

 
令和元年十月二十日
廃れ家に繁れる千草からすうり 咲けど実れど見る者もなし
15


令和元年十月十五日
大風のたびごとに枝落としつつ 桐は姿を整えてゆく
3






令和元年十月十六日
寒空になってきたんだいま思い 眼鏡外して街を眺める
2





ー
令和元年十月十七日
もっと見る

新着のうた

もっと見る