≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

鳥の歌 新珠の歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

園庭の滑り台から葉にのって...
えんとつカフェ
氷雨ふる君が道行き凍み凍る...
桔梗鈴
それぞれの 心にうつる 物...
長崎賢人
もこもこの冬毛ふるわせ水辺...
灰色猫
冬の木に花鶏むれ来て休らえ...
ななかまど

人気の歌人

秋日好
卯月翼
綿釣
暁烏
河のほとり
KEN
萱斎院
揚羽
横井 信
夏深
ななかまど
桔梗鈴
源 卿景
つばす
夢士

もっと見る

人気のうた

帰り道安いお酒を買っていく 檸檬の香りに胸が膨らむ
5



令和二年一月十七日
弱音吐くことにも體力要るみたい 腑拔けのままに起き上がれない日
10




令和二年一月十七日
味噌汁の味噌いれる音聞こえれば 止めねばならぬ二度寝の夢は
13





令和二年一月十八日
糞餓鬼が殴り書きした自画像が 感動を呼ぶ事だってある
11
i
s
n
u
f
k
i
n
令和二年一月十四日
冬の日を幼稚園兒ははしやいでる バイクで走る國道沿ひで
5



ー
令和二年一月十四日
大山を鳴動させるネズミらは 浦安にあるリゾートに棲む
17




令和二年一月十七日
新年会老いも若きも盛り上がる 無理して「雪国」歌う青年
10


令和二年一月十八日
花のなき大寒にリース作る時 思いっ切りに派手色にする
6


令和二年一月十四日
もっと見る

新着のうた

もっと見る