≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

東日本大震災の歌

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

風を切りいつかは空を知るだ...
灰色猫
みゆき降るみやまの桜冬枯れ...
舞 
ふふふふと肩を寄せあう紙の...
柊/
果樹園で恋をしている花々に...
灰色猫
春深み梢に繁く啄木鳥の音は...
秋日好

人気の歌人

耕呂人
まりこ
横井 信

名鈴
綿釣
寝惚亭奥地新吾
夢士
こゆき
長崎賢人
菜々子
河のほとり
月虹
KEN
滝川昌之

もっと見る

人気のうた

やすやすと老えぬ諸々引っ提げて 明日も朝からペダル踏むかな
7


令和二年二月二十七日
いきのこりじぶんだけはとかんちがい みずべやまぎわせんちにおもむき
9


令和二年二月二十六日
風吹けば 季節のかおり 我は知る  目には見えねど 確かなささやき
5


令和二年二月二十四日
ウォシュレット 尻に染み入る痛みかな  激辛麻婆 食べし後悔
5








平成二十四年九月十二日
柔らかな土の感触確かめて そっと駆ければ風の後押し
11




令和二年二月二十三日
白樺の林野原の雪の原 ひとすじ続くうさぎ足跡
11

 
令和二年二月二十三日
みゆき降るみやまの桜冬枯れに 独り春待つ訪う人もなく
12

 
令和二年二月二十六日
数多なる命を奪いあの波は 何を突きつけ去ったのだろう
14



令和二年二月二十六日
もっと見る

新着のうた

もっと見る