≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

2020年(ルートB)の歌

現在評価期間中 ≫一覧

失恋の歌

最近拍手されたうた

名母不知 忍 如 咲花乃 ...
さいおん
仮初 聲乎懐 雖念 去行公...
さいおん
家々の灯り優しく繭の中 聖...
柊*
通り雨この雨雲の下を突き抜...
そらにみつ大和の国の御仏に...
ななかまど

人気の歌人

蔓葵
玲人
春野小川
ななかまど
みをつくし
朔夜
水紫
萱斎院
可不可
揚羽
舞 
岩本菫

草木藍
神戸風見鶏

もっと見る

人気のうた

露置くと 契りもせずに 結ぼほる  互みの好きは あやしの言葉
4






令和二年十一月二十九日
殿方はご存じなしか恋人の 望まぬことをせぬが愛とは
4


令和二年十一月二十八日
酔わないと 素直に言えず傷つけた  ホントは君と暮らしたかった
2



令和二年十一月二十八日
ひと夜妻冷や酒寒きひとり夜に 記憶のひとを傍らに置き
3

 
令和二年十二月一日
ガイジかな、あれ。怖い。足だんだんやるし。 貧乏ゆすり自分の足殴るとか。
47


 


平成二十八年九月二十日
望むほど 遠く消えゆく願ひかな  つらき心を埋める人なし
4




令和二年十一月二十九日
月見斗 雖詠公乃 歌待乎  吾泣濡而 露成奴流
7




令和二年十一月三十日
君想ひ明日の今頃なきぬらむ 追う恋の涙鳥来る朝まで
1


令和二年十一月三十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る