≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

鳥の歌 新珠の歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

園庭の滑り台から葉にのって...
えんとつカフェ
氷雨ふる君が道行き凍み凍る...
桔梗鈴
それぞれの 心にうつる 物...
長崎賢人
もこもこの冬毛ふるわせ水辺...
灰色猫
冬の木に花鶏むれ来て休らえ...
ななかまど

人気の歌人

渋柿(しぶがき)
卯月翼
耕呂人
暁烏
ななかまど
コタロー
横井 信
び わ
里香
河のほとり
桔梗鈴
源 卿景
青緒
うすべに
林林

もっと見る

人気のうた

サイダーと一緒に飲みほす愛しさが  喉の奥まで突き射さる
5

平成二十五年七月十五日
チョコレートの香りに染まるそこかしこ レシピを探し滑る指先
6



令和二年一月十五日
鋏もて灰の洋から押し寄せよ 饗津の果ての逢える日を待つ
2


令和二年一月十七日
吐く息が消えるのを待ってあの夜に 僕に何て言おうとしたの
3


令和二年一月十四日
やよ往なむ否まだ往なぬを繰り返し ふる雨繁き枯野見の路
9


令和二年一月十七日
こどもみてじぶんのこだとのかくしん おんなのつよさおとこのよわさ
3


令和二年一月十三日
のぞみとはつきなきおうのよくぼうか なきおうひへのつきなきおもい
5


令和二年一月十六日
鈴なくし迷ふ小猫の足跡を 荊の中に如何に見るべき
68



平成二十六年五月十四日
もっと見る

新着のうた

もっと見る