≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

傘のうた

現在評価期間中 ≫一覧

令和万葉歌会

最近拍手されたうた

雨季待てど花芽のつかぬ紫陽...
滝川昌之
五七五七七も浮かばない タ...
可不可
天が下 照る陽 ふる雨 様...
へし切
降りやまぬ雨はなきとて世の...
へし切
蟲メガネにフォーカスされる...
可不可

人気の歌人

あお葉
KEN
鯉舟
幸子
秋日好
灰色猫
水色一揆
紗響
まぽりん
滝川昌之
美乃
*柊
新座の迷い人
源卿景
松本直哉

もっと見る

人気のうた

天が下 照る陽 ふる雨 様かはり  五月の空は何かあやなし
16



令和元年五月二十三日
リラ冷えの北の大地を思いつつ  ピリカの唄をのせた口笛
13
*

令和元年五月二十二日
穏やかな新た世願ひ衣更 まぶたを巡る来し方行く末
10



令和元年五月二十日
揺蕩うて ささら黒髪奥はなお 波頭たつこころにも似て
9




令和元年五月二十三日
枯れていく母の体が枯れていく 終着駅にもうすぐ辿りぬ
6


令和元年五月二十四日
梅雨前の暑くなりそな青空を 見上げてなげくかえると私
10




令和元年五月二十三日
我ならで誰が踏み通う傍らに 眠れる男の浅き夢路に
14


令和元年五月二十二日
鵺の聲 ゆかしく思ひ 見渡せば  木末の先に 濕る望月
14



令和元年五月二十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る