≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

傘のうた

最近拍手されたうた

明けぬ夜も世にはあるらし ...
春咲
七年の介護の末の母の死に涙...
千映
唇がずれた時から予感したふ...
つちだゆういち
へつらうは無様にあらず同士...
揚羽
新生代沖積世未来へのヒト科...
舞 

人気の歌人

*柊
西村 由佳里
滝川昌之
行宮偏(仮称)
つゆふみ
蔓葵
彼岸花
ひさ絵
千映
まゆき
夕夏
東大寺
月虹
うすべに
葱りんと

もっと見る

人気のうた

心病み薬を飲めど詠む者を 卑下す者こそ病なりけり
35







。
平成二十二年八月二十九日
うた詠みはどこか頭がオカシクて ひとに云えぬこと書いてたのしむ
32


平成二十二年四月十四日
玄関の闇にこくこく水をのむ 亡きコロの音が心耳にとどく
94






平成二十八年二月十四日
正論は優しくないから今だけは 間違ったままの僕らでいよう
65


平成二十一年四月十八日
冬晴れのピッチに立ちて光る汗 老いて元気な我らの仲間
29


平成二十八年十二月十一日
「大丈夫?」あなたが訊いてくれるから その瞬間に大丈夫になる
36


平成二十九年二月十八日
去る人に 青き柳を 手渡して  併せて送る 春の終はりを
54


平成二十二年五月二十九日
おかえりを放つ人など居るはずが ないとわかって投げる「ただいま」
30





平成二十七年七月一日
もっと見る

新着のうた

もっと見る