≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

雲のうた 幻想歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

小樽なる北の港の冬色の海は...
舞 
ボロボロの 鞄を持つ彼 プ...
渋柿
四方見れば 八十の草木 息...
春野小川
今は亡き義母から貰ったソー...
び わ
ひだまりの猫の細い眼 縁側...
うすべに

人気の歌人

赤石仙人
雪柊
草木藍
清々
タイベリアス
KEN
桃山
水紫
葛城
夕夏
千映2
駿
び わ
舞 
河のほとり

もっと見る

人気のうた

頑張ってなおその上に万全を 祈りて縋る初めての神
3

令和三年二月十三日
「最後はね、人間性だと思うんだ」 貴方の言葉を私は生きよう
22


平成二十九年三月二十日
軒先の照る坊はずし笹竹に 園児ら今はなに願うなり
27




平成二十七年六月二十八日
荒れている子どもの心にふとともる ことばをかけたい魔法みたいな
27







平成二十三年一月二十八日
津山駅 わたしは大人になるために ここからどこへ向かうのだろう
35

平成二十三年一月十六日
ハナマルの図画工作を持ち帰り 「ただいま」言えばもう夏休み
31




平成三十年七月十九日
公園のジャングルジムに子ら遊ぶ 歳月早し年の暮れかな
25


平成二十八年十二月二十九日
久々に暖まりゆく教室に  心の温度差 持つ子ども達
26



平成二十九年一月十日
もっと見る

新着のうた

もっと見る