カテゴリー: 時事

評価: (33)

拍手

詠み人:

みろく

≫他のうたを見る
雑踏に置かれた小さな箱の中で合格を、愛を、別れを伝えました。兄が離婚して15年会えなかった母を見つけ、渡してくれたメモ用紙の電話番号を見ながらかけた電話ボックスもそろそろ無くなるのが残念で詠みました

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

松井一馬
紫子
宗孝
江戸川きね
藤久崇
林林

一覧

平成二十九年四月十七日
僕たちは電話ボックスで嗚咽した 最後の世代になるのだろうね