≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近拍手されたうた

対話する寛容を欠く為政者に...
うたたね☆
長梅雨やサッカーボールが泣...
コタロー
信心はお経を聞けば起こるの...
石川順一
湯屋覗く私不埒で且つオタク...
秋日好
轍さえ残らぬ舗装道路より草...
野々花

人気の歌人

藍子
ともゆき
葱りんと
舞 
笹紅
只野ハル
藤久崇
舞々津風郎
うたたね☆
みやこうまし
梟子
うららん
がべじ
紫草
夢士

もっと見る

人気のうた

人憎む己を責めて沈む時 「誰だってそうよ」と妻は言うなり
21
i
n
o
s
a
n
n
平成二十九年六月二十日
逝く者も残される者も哀しくて 別れは運命と知るも哀しく
25


平成二十九年六月二十三日
君にしかわからぬ痛みあったろう でも向き合った闘い抜いた
21


平成二十九年六月二十三日
とりどりに色合い放つ 歌読めば  違える感性 面白かりけり
21


平成二十九年六月二十三日
花の名を尋ねし君の肩越しに 生れた風が夏を連れ来る
25



平成二十九年六月二十四日
省みし言の葉いくど重ねしも 理のなきものに掛ける信なき
26



平成二十九年六月二十日
忘れ得ぬ山河ありしが果て遠く  想いの彼方独り酒酌む
22


平成二十九年六月二十一日
自らの怠惰を悔やむ梅雨雲の 嗚咽のような遠雷を聞く
24




平成二十九年六月二十一日
もっと見る

新着のうた

もっと見る