≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

甘い歌会

現在評価期間中 ≫一覧

現在歌会はありません

最近拍手されたうた

押し花に優しい色が宿るよう...
己利善慮鬼
栄誉捨て隠居仕事とデコイチ...
みやこうまし
春ひさぎつなぐ命の儚さは今...
柊:
来るべき永い春愁押し返す ...
大野 冨士子
過去へと手向ける花も持たず...
柊:

人気の歌人

野々花
舞 
ななかまど
煩悩
恣翁
千映
つちだゆういち
水月
光源氏
河のほとり
び わ
梟太郎
藍田紺
柊:
現散華

もっと見る

人気のうた

酒なんぞ一人酒場の美空には  分かるはずない 底辺のオレ
16







平成三十年二月二十日
君とゆく雨水の後のそぞろなる 春の足音うれし野の里
22


平成三十年二月二十日
無常なる時のうねりを遡り 永久の眠りの君に逢えたら
25



平成三十年二月十九日
心身が氷を捉え離さない 魂の舞心震わす
12


平成三十年二月二十二日
断ち切れぬ下草に転び見あぐれば  かくも恋しき空の蒼さよ
11






平成三十年二月十九日
日が昇り茜の空にまだ黒き 影繪のやうな痩せた裸木
12



ー
平成三十年二月十九日
大垣に松尾芭蕉は四度来て 蕉風伝える伝道者かな
14




平成三十年二月二十一日
夜の夢になびく黒髪もとむれど  うつろいやすき春の心は
14

:
平成三十年二月十九日
もっと見る

新着のうた

もっと見る