≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

星座のうた

最近拍手されたうた

紅薔薇と称えられにし身は悲...
揚羽
幼子を胸に抱ける若母のつり...
舞 
父の血を鏡に憎く疎み見る手...
相市思咲(しえ)
電柱の根元にかかるオシッコ...
大和人
わだつみのいろこの宮の豊玉...
只野ハル

人気の歌人

葱りんと
萱斎院
煩悩
柊:
千映
月見
ひんどん
つちだゆういち
新座の迷い人
幸子
只野ハル
舞 
相市思咲(しえ)
可不可
揚羽

もっと見る

人気のうた

黴臭き 虫喰ひだらけの古写本の  紙の匂ひも 懐かしきかな
16


平成三十年六月十九日
梅雨冷えの上着ひと重の寒さかな  照る日 晴れの日 お日様恋ひし
19



平成三十年六月十七日
午後五時の「夕焼け小焼け」流れ来る 今日も生きてた細々生きた
15



平成三十年六月十七日
父の血を鏡に憎く疎み見る 手足のかたちは母の血の其れ
11




(


)
平成三十年六月十七日
温室で生まれたひなは飛べぬまま 開いたドアから緑の木陰へ
17



平成三十年六月二十日
一面に黄金色なり麦の候 刈り取る前の僅かな時間
20


平成三十年六月十八日
谷深き飯豐の澤の岩魚らは 白瀬に跳ね飛び歸る君待つ
13



平成三十年六月十七日
知っているようで知らない事ばかり  喝! の一声 元気をもらう
15



平成三十年六月十九日
もっと見る

新着のうた

もっと見る