≫4/21 お知らせ  

無料会員登録はこちら

うたを詠む
※会員でなくても詠むことはできます。
≫歌人登録すると...

テーマで探す

総合 恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

最近の歌会

うた投稿受付中 ≫一覧

現在歌会はありません

現在評価期間中 ≫一覧

パスタの歌

最近拍手されたうた

向かひ合ひ鬼皮を剝くコツコ...
きくゑ
新そばを食いに寄れよとメー...
音弥
公園にひびく園児の笑い声 ...
へし切
会い難く 見難き花と 譬え...
揚羽
夜を越えてしとどに結ぶ茅原...
揚羽

人気の歌人

仔柚
滝川昌之
柊+
横井 信
夕桐
へし切
ryotak
恣翁
萱斎院
つばす
ひげじぃ
きくゑ
武蔵野
可不可
び わ

もっと見る

人気のうた

ソワソワと落ち着かないのは同じだと 土手の芒と名月を待つ
17




令和三年九月二十一日
滿ち滿ちて 夜半にたゆたふ 月明かり  秋蟲の聲 胸にさざ波
14



令和三年九月二十一日
金木犀の香りの中に 共寢する  床に入り來る 中秋の月
10

宿


令和三年九月二十一日
秋の日の はや傾ぶくを 尋ね居る 我が師の墓標 見つからざらめや
14


令和三年九月二十四日
紅葉せぬ秋の初めの夕時雨 そぼ降る山に鹿は目覺めむ
14



令和三年九月二十四日
続けてた早朝ジョギング不覚にも 寝坊で途切らすこの愚か者
12


令和三年九月二十三日
汗ばんでボタンダウンの空色を リンドウ色に染める秋の陽
14




令和三年九月二十四日
三宝に盛りし団子の白々と 月明り受け荘厳に見ゆ
13

令和三年九月二十二日
もっと見る

新着のうた

もっと見る