カテゴリーで探す

恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

大獏 (男性)

神奈川県出身

被評価数:984

好きなうた

闇にまぎれて帰りゆくこのよるべなきぼろぼろをわれは詩人と呼ぶ/田井安曇

好きな歌人: 未登録

この歌人のうた一覧

百首にこだわっています。
素人の歌を読んで貰えるのはそれくらいが限界だと。
とはいえ、段々百首にまとめるのが難しくなってきました。

僕はそれなりに評価を頂いていても推敲してしまうので、評価が低くてもお気に入りに値する作品があると自負しています。
もし縁がありこのページに来て頂けたなら、ぜひ最後までお付き合いして下さい。
ちょっと人間不振、斜に構える向きのひとにはツボに入る歌があるやもしれません。

参考までに自選三首を・・・
・常夏が似合う彼女のほがらかな涙の意味は知らなくていい
・果たしへぬ約束のこりしんしんと積もり積もりてしんしん眠る
・雨粒はひいふうみいと輪を作り濃度の高き波紋に覆ふ

参加中の歌会

参加中の歌会はありません。

お気に入りの歌人

あなたのファン

代表作

腐葉土のにおい消えゆくこの街に 家路つらつら秋刀魚が香る
33
平成二十二年十月十六日

最近詠んだうた

穏やかにイエスと云える苦しみは 僕だけのもの とても愛しい
5
平成二十九年六月二十二日
特価本の雑然とした本棚に 寄贈本を手にとる淋しさ
8
平成二十九年六月十九日
腕いっぱいのあまい香りに触れられて 僕はもうすぐ死ぬのでしょうか
4
平成二十九年六月十八日
梅雨の街 朧ろにうつる燈ゆえ 戲れる蝶のうつくしき毒
6
平成二十九年六月十七日
わしゃわしゃと濡れたあたまを拭いてやる  立ち尽くす意味を聞くこともなく
6
平成二十九年六月十七日
もっと見る