カテゴリー: 自然

評価: (13)

拍手

詠み人:

KEN

≫他のうたを見る
仲秋の頃、月に生える桂花の巨木が満開となりその黄金色が月を美しく見せると言う中国の伝説から浮かんだ歌。秋の深まりと共に夜空から黄金の花が舞い散る妄想。。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

シダ
朔夜
揚羽
横井 信
名鈴
ななかまど

一覧

令和二年十月十四日
ひさかたの 月より舞ふと 覺えけり  夜一夜積もる 桂花匂へば