カテゴリー: 結婚

評価: (12)

拍手

詠み人:

桃山

≫他のうたを見る
ビールが足りなくて、自販機のある区画まで二人で歩いてゆきました。
プラチナに光る月が綺麗で、月見草が咲いてるのを摘み、夫はビールを手に、歩いてお月見をした感じです。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

横井 信
へし切
茂作
ななかまど
長崎賢人
名鈴

一覧

令和三年九月二十一日
満月の一夜手前の空の下 酒と野の花携えてゆく