カテゴリー: 自然

評価: (10)

拍手

詠み人:

葦川四丁 (男性)

≫他のうたを見る
朝陽と夕陽は、雲など下より照らし上げるように見えることに気が付いて詠みました。最近、占いをしてもらい、ネガティヴ思考と言われて、私の作る歌もそんな風になりがちなのかもと思いました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

ななかまど
柊*
弥栄成就
横井 信
灰色猫
名鈴

一覧

令和二年七月三十一日
夕陽差して雲海を地より見上ぐれば さも光陰の世の憂きの色