カテゴリー: 挽歌

評価: (12)

拍手

詠み人:

KEN

≫他のうたを見る
信夫山の寂光寺跡を。戦国時代に伊達氏に比護され山伏の修行の場として栄えたが、戦国末期、上杉氏に攻められ焼失。その後再建されたが過去の隆盛は戻らず明治維新と共に廃寺。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

行宮偏(仮称)
灰色猫
横井 信
へし切
吉野 鮎
夢士

一覧

令和元年九月二日
秋霖の 重みに沈む みやこ笹  見る影もなき山駈けの寺