カテゴリー: その他

評価: (11)

拍手

詠み人:

行宮偏(仮称)

≫他のうたを見る
ノートに幾つもの未成の歌。一首をつくるのに変更と再構成を繰り返す。未決状態、(着想から発表までの)中間領域ということでlimbo(辺獄)に喩えた。何か数多の魂魄が群れ集まる静謐な洞のようなイメージで。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

まぽりん
つゆふみ
コタロー
あお葉
KEN
灰色猫

一覧

令和元年五月三日
ノートにて結びつ解きつめぐる魂  いつか出でたし 短歌のリンボ