カテゴリーで探す

恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

柏木 ゆえ (女性)

千葉県出身

被評価数:711

好きなうた

あらざらむこの世の外の思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな(百人一首・和泉式部)、熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな(額田王)

好きな歌人

静御前、与謝野晶子、和泉式部、額田王、有馬皇子

この歌人のうた一覧

はじめまして。
『かしわぎ ゆえ』と申します。


毛筆の練習にと思い、歌を詠み始めました。

歌は学生の頃にかじった程度のものですので、文法などは忘れてしまってます(>_<)
かなりむちゃくちゃなものがあるかとは思います。
拙い歌かとは思いますが、気に入って戴けたら幸いです。
若輩者ですが、よろしくお願いいたします。

名字の由来は源氏物語の柏木から。


吉野山
峯のしらゆきふみわけて
いりにしひとの
あとぞ恋しき


しづやしづ
しづのをだまき繰り返し
昔を今に
なすよしもがな


静御前


2015-10-29初詠み

参加中の歌会

参加中の歌会はありません。

お気に入りの歌人

あなたのファン

代表作

朝夕に白檀の香焚き染めて 纏ふ衣にもほのかにかほる
16
平成二十七年十月三十日

最近詠んだうた

東大寺大仏殿の前に立ち 母の写真に語りかけたり
9
平成三十年六月十六日
当たったね私の手相占いは かあさん一番長生きすると
7
平成三十年六月十四日
逢ひたくて寫眞を眺めふと傳ふ 泪が戀しさ物語つては
8
平成三十年六月十四日
ただいまと呟き部屋に帰っても おかえりの声2度と返らず
11
平成三十年六月九日
水無月に高天原に旅立ちし 奇しくもその日父の命日
6
平成三十年六月九日
もっと見る