カテゴリー: 恋愛

評価: (11)

拍手

詠み人:

浅草大将 (男性)

≫他のうたを見る
ま、予想通りの結果です。

たまくしげ=「み」「ふた」の枕詞。「時々」の意の「たま」を掛ける。

いつ、よ、み、ふた、ひと

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

ケンイチ
島祝
月桃
螢子
悠々
須田まどか

一覧

平成二十二年四月十八日
いつからか夜に会ふのもたまくしげ 身も蓋もなく人を想へど