カテゴリー: 挽歌

評価: (6)

拍手

詠み人:

きくゑ (女性)

≫他のうたを見る
こんな時世ですから、死に目に会えないのは理解していたのですが、なかなか堪えました。新盆を迎えるにあたり思い出すことが増えるこの頃

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

灰色猫
滝川昌之
ななかまど
おもちさん
名鈴

一覧

令和三年八月四日
たらちねの抱きし脚がまだ温く 独り母逝く渦中の弐月