カテゴリー: 恋愛

評価: (12)

拍手

詠み人:

KEN

≫他のうたを見る
数年前のスノートレッキングを思い出して。。。吹きだまりを越えて森の中に消えて行く兎の足跡が何故か哀しげでした。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

へし切
音弥
揚羽
横井 信
ななかまど
秋日好

一覧

令和三年一月三十日
うねる雪 越えて木隱れ 雪うさぎ  幼き夢の 消えゆくやうに