カテゴリー: 自然

評価: (5)

拍手

詠み人:

南都 (男性)

≫他のうたを見る
阿讃とは香川と徳島の間の小さな山脈です。徳島側では冬になると山を超えて北風が吹き始めます。子どもの頃はまだ木の雨戸でそれを誰かが叩いているようで、怖かったように覚えています。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

白瀬
横井 信
揚羽
滝川昌之

一覧

令和二年十月十八日
阿讃より冬の知らせが届いたよ カタカタン雨戸を叩く音