カテゴリー: 恋愛

評価: (6)

拍手

詠み人:

萱斎院 (女性)

≫他のうたを見る
すすきの穂先に露がやどって,雲間から顔を出す月の光に輝いてる…途切れ途切れにでもきみが来てくれた頃には,涙でさえ玉のように光ったのに…♪

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

灰色猫
コタロー
夢士
KEN

一覧

令和元年九月十一日
あきの野のをばながうれに玉おきて  たえだえ出づる月のかほかな