カテゴリー: 自然

評価: (19)

拍手

詠み人:

夢士 (男性)

≫他のうたを見る
咲き誇る桜が散ってゆく。そんな歌が多くなってきました。先日見た公園の池も、今はきっとこんな風に桜の花びらが一面に浮き、鴨も遠慮がちに泳いでいるのではと。敢えて「桜」とせず「花の」としてみました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

コタロー
秋日好
五條榮水
鯉舟
まぽりん
かげろう

一覧

平成三十一年四月九日
池の面に古木の花の散り敷きて 番の鴨のゆるりと進む