カテゴリー: 自然

評価: (12)

拍手

詠み人:

KEN (男性)

≫他のうたを見る
雪国との境を成す分水嶺にも雲が無いほどの晴天でした。田圃で遊ぶ鷺が舞い上がると峰の雪に溶け込むように見えて。
風が冷たい冬ばれの幻覚。☀️

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

幸子
コタロー
滝川昌之
へし切
かげろう
うすべに

一覧

平成三十一年一月七日
冬晴れを 返すしろがね 吾妻峰の  肌に溶け飛ぶ 白鷺一羽