カテゴリー: 恋愛

評価: (18)

拍手

詠み人:

恣翁 (男性)

≫他のうたを見る
 初夏の風が、湯上りの鵺雛さんの肌を撫でているとの歌を見て、年甲斐もなくそれに嫉妬している自分を、槐の古木に見立てた短歌を詠んでみました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

リクシアナ
芝桜
藍子
月桃
石川順一
灰色猫

一覧

平成三十年五月二十二日
そよ風に 枝もたわわな古槐  驚きぬがに 葉を震はせり