カテゴリー: 自然

評価: (15)

拍手

詠み人:

吉野 鮎

≫他のうたを見る
非業の死を遂げた大津皇子の亡骸が、二上山雄岳に移葬されたときの大来皇女の歌。「うつそみの人なる我や明日よりは 二上山を弟(いろせ)と我が見む」
萬葉集巻2 165

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

河のほとり
秋日好
石川順一
へし切
灰色猫
相市思咲(しえ)

一覧

平成三十年二月十日
ゆくりなく雲間射しきて階降りる ひかりの皇女二上の山峰に