カテゴリー: その他

評価: (15)

拍手

詠み人:

恣翁 (男性)

≫他のうたを見る
紙鳶の風骨 稜嶒に仮る
青雲を躡み慣れて 自ら能あるを覚ゆるも
一日 風停まりて泥滓に落つれば
低飛 還た蒼蠅に及ばず

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

† 鵺雛 †
林林
石川順一
只野ハル
桐生賄
コーヤ

一覧

平成二十八年十二月三十日
厳しき骨の凧こそ 能あるに 酔へ 風止まば 泥に落ちなむ


「


」