カテゴリー: 挽歌

評価: (16)

拍手

詠み人:

恣翁 (男性)

≫他のうたを見る
 義父の商売道具であった紋付羽織袴を畳んで整理した時の感慨です。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

杏花
あまおう
紫草
只野ハル
秋日好
水ノ衣

一覧

平成二十六年八月二十一日
身の内に染むるがごとし 紋服の 冷たき当り 確かめたれば