カテゴリー: その他

評価: (21)

拍手

詠み人:

へし切 (男性)

≫他のうたを見る
古代インドでは、人生を四つの時期に分けて考えた。「学生期」、「家住期」、そして、「林住期」と「遊行期」。「林住期」とは、社会人としての務めを終えた後の「第三の人生」のことである。自分の為にいきる...

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

河のほとり
あまおう
紹益
夢士
夢兎
秋日好

一覧

平成二十六年七月十四日
流れゆく身は浮雲の風まかせ 気ままに老ひを生きるとするか