カテゴリー: 挽歌

評価: (19)

拍手

詠み人:

夢兎 (女性)

≫他のうたを見る
毎年、逢うのを楽しみにしていたのに、空っぽの犬小屋が出迎えてくれました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

長崎賢人
紫草
大埜真巫子.
あまおう
ゆの
紫苑

一覧

平成二十六年六月四日
山あいの小さな宿の老犬は 看板犬の役目を終えた