カテゴリー: 挽歌

評価: (21)

拍手

詠み人:

恣翁 (男性)

≫他のうたを見る
 学生時代、お世話になった方のお母様が亡くなられたと聞き、線香を上げにいきました。和服の雨コートに蛇の目傘を差していらっしゃった姿が思い浮かび、そのイメージから奇妙な挽歌が出来上がりました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン


そらの珊瑚
祐鈴
只野ハル
おおしまゆきこ
小林道憲

一覧

平成二十五年九月二十三日
バリバリと 紙の焼けたる音のして  蛇の目は燠に火葬されたり