カテゴリー: 時事

評価: (85)

拍手

詠み人:

恣翁 (男性)

≫他のうたを見る
 重過ぎて、自分の言葉で歌を詠むことができません。自然に自分の言葉が湧き出るようになるまで、しばらく休眠します。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

宍音 猫琴
ななかまど
藤久崇
ラベンダー
秋元 邦明

一覧

平成二十三年三月十九日
重過ぎて 詠むも憚る 歌心  今は黙して 溢るるを待つ