カテゴリー: 自然

評価: (13)

拍手

詠み人:

夢士 (男性)

≫他のうたを見る
一しきり降った雨が上がり、里山の原に無数の赤とんぼが飛び交い、やがて大きな弧を描き、次第に大空に向けて昇って行くのを眺めていました。数日前の景を思い出して詠む。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

藤久崇
長崎賢人
吉野 鮎
ななかまど
ひさ絵
滝川昌之

一覧

令和元年十月八日
雨上がり何処ともなくあかね群れ 弧描き居て向かふ大空