カテゴリー: 自然

評価: (13)

拍手

詠み人:

夢士 (男性)

≫他のうたを見る
まさか蟷螂が飛びつくとは!暫らく歩いてから手を当てると手の甲に乗り移って来た。殺生はせず、道筋の茂みに放り込みました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

灰色猫
幸子
揚羽
KEN
あお葉
長崎賢人

一覧

令和元年八月二十五日
首筋をぞくっと冷たきものはしり 当てる手に在り青き蟷螂