カテゴリー: その他

評価: (10)

拍手

詠み人:

† 鵺雛 †

≫他のうたを見る
それまで普通でいて、床の中で突然、胸の中を極小で鋭いものにつつかれる感じが、段々に大きく太くがさがさの何かに変わっていくのを繰り返す。壮絶な恐怖感。でも甘えられず、独りで耐えた。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

林林
石川順一
横井 信
灰色猫
ひんどん
幸子

一覧

平成三十年八月十日
胸の中 小さく細く鋭きが  得体も知れで死ぬほど怖し