カテゴリー: 挽歌

評価: (7)

拍手

詠み人:

詠み人知らず (男性)

 
草に寝て蒼穹逝く雲を見ていると、あーあ、何だか羨ましい。でも僕は雲にはなれない、ふふふ、でもちょっと我がまま気楽に生きはいますねぇ。まぁもう直におさらばの人間ですからお赦しを、梟太郎拝。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

滝川昌之
KEN
石川順一
灰色猫
ひんどん

一覧

平成三十年六月十四日
雲は好い風の真に間に漂いて  気まま勝手に姿を変えて