カテゴリー: 自然

評価: (6)

拍手

詠み人:

ひさ絵 (女性)

≫他のうたを見る
対峙する鬼ノ城は、まるで、梅雨の晴れ間を楽しむように綿雲の帽子をかぶってはしゃいでいる子どものようにみえるのは、決して私一人ではありますまい。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

秋日好
石川順一
へし切
灰色猫
滝川昌之

一覧

平成三十年六月七日
吉備の峰梅雨の晴れ間の夏衣 みどり濃淡すそ野にはずむ