カテゴリー: 自然

評価: (12)

拍手

詠み人:

夢士 (男性)

≫他のうたを見る
蒲公英が咲き乱れている野原の一角が綿毛になっていて、真綿が敷き詰められているようです。あと一日もすれば風に吹かれて飛んでいくのでしょうね。次の花が咲くまでこのままでいておくれ。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

へし切
灰色猫
紗響
横井 信
かげろう
滝川昌之

一覧

平成三十年四月十五日
蒲公英の綿毛まあるくそよぐ風 真綿の野原 も少しこのまま