カテゴリー: 自然

評価: (22)

拍手

詠み人:

相市思咲(しえ)

≫他のうたを見る
おっきい木で、もう中は虚なんだって。でも、咲く。
東京の清澄庭園がすきです、小規模でなんだか満ちる石庭。

「白くれない念いのままにやわらかに染まるさき分け薫りもわけて」

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

光源氏
林林
石川順一
吉野 鮎
横井 信
夢士

一覧

平成三十年一月八日
一重のみ白のいろのみつける梅の すがたけわしく薫りゆたけく