カテゴリー: 自然

評価: (21)

拍手

詠み人:

ふじこ (女性)

≫他のうたを見る
干された大根菜は、津軽の厳しい北風に晒されてカラカラに乾燥し「しぐさ」となります。
貴重な冬のビタミン(あとはリンゴ)、祖母の「しぐさ汁」が思い出されます。
※安田さん、ありがとうございました!

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

萱斎院
日置鳩子
半格斎
秋日好
へし切
夢士

一覧

平成二十九年十月二十二日
秋霜の軒に連なる菜の簾  津軽の風にやがて馴染まん





(






)