カテゴリー: 挽歌

評価: (6)

拍手

詠み人:

新座の迷い人

≫他のうたを見る
歌の青葉の笛にもありますが忠則の末路哀れと思う「行き暮れて木下影を宿とせば花やこよいの主ならまし」辞世の句を箙に残し」師匠当てた歌だそうですが直実は逃がそうと思ったが出来ず首を刎ねたそうだ

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

滝川昌之
石川順一
灰色猫
inosann
長崎賢人

一覧

平成二十九年八月二十六日
忠則の 末路哀れなり 本読めば  箙に残し 辞世の句