カテゴリー: 挽歌

評価: (18)

拍手

詠み人:

揚羽

≫他のうたを見る
百足のことですよ。

こないだ緑化植物公園で落ち葉を拾っていたら、大木の洞の中にお休みになってたんです。
私の悲鳴は世紀末的だったそうで。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン


只野ハル
桃山
横井 信
ななかまど
名鈴

一覧

令和二年十一月二十二日
贄を乾す百舌の鋭き嘴をもて 鉾に刺さばや刺し殺さばや