カテゴリー: 恋愛

評価: (8)

拍手

詠み人:

揚羽 (女性)

≫他のうたを見る
一重咲の薄ピンクの山茶花は、やや大きめの花びらで、木丈も高く父のお気に入り。根元のツワブキの黄色の花の上に常に散りかかっています。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

へし切
横井 信
名鈴
ななかまど
恣翁
玉影

一覧

令和元年十一月三十日
焦れてや薄き紅刷く山茶花の ひそと留まる石蕗の上