カテゴリー: 恋愛

評価: (12)

拍手

詠み人:

ぶおんじおるの

≫他のうたを見る
青空のもと、自分の足下だけに落ちるしずくを見て初めて、涙を流していることに気付きます。
それほど恋しさが募っています。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

村木美月
横井 信
へし切
灰色猫

一覧

令和元年十一月五日
想ひつつ仰げば青き空ありて わが足下のみ雨ぞふりける