カテゴリー: 自然

評価: (22)

拍手

詠み人:

芝桜

≫他のうたを見る
節酒していたため久しぶりの早朝の梅見酒。霧雨にしっとり濡れた紅梅。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

河のほとり
滝川昌之
桜田 武

藤久崇
宗孝

一覧

平成二十九年三月二十一日
春雨に薄紅うるわし豊後梅  妖しくありて一人酒酌む