カテゴリーで探す

恋愛 結婚 友達 仕事 学校 時事 家族 子供 自然 挽歌 その他

紗響 (男性)

山口県出身

被評価数:6607

好きなうた

「おろかなる心一つの行く末を六つの道とや人のふむらん」 「心とて人に見すべき色ぞなき只露霜の結ぶのみ見て」 「しずかなる心の中に栖む月は波もくだけて光とぞなる」

好きな歌人

紀貫之 柿本人麻呂 道元禅師 

この歌人のうた一覧

三十一文字の旋律と余韻に誘われて詠みはじめました。
日々の歩みに沿って続けられたらと思っています。 
生まれは福島県ですが三年前に下関に移住しました。
言の葉の交流は硬くなった心が解れてゆくように思います。
「うたのわ」は疲れた心が帰る港でしょうか・・・
言の葉の謳は音楽に似ています。
「詠はしらべ音楽のように、墨で書かれた文字は絵のように・・・」 とは師の言葉、歌詠みの呼吸を大切に詠めればと思っています。

参加中の歌会

参加中の歌会はありません。

お気に入りの歌人

あなたのファン

代表作

故郷をえていくえの眠りに根を下ろし いつか開かむ一枝の花
38
平成二十九年一月二十七日

最近詠んだうた

研ぎ澄まし月の刃のひとしづく 裸のこころ血となりて受く
10
平成二十九年四月二十九日
一輪を活けた姿に在りし日の いのちのゆくへ花芯に尋ぬ
12
平成二十九年四月二十九日
弓張りの月を鏡と吾が内の こころの絃の調弦を觀る
13
平成二十九年四月二十九日
眼に映る月のつるぎは胸を刺し 言葉ひとつの露こぼれゆく
23
平成二十九年四月二十八日
混沌の闇に木靈す呼び聲に 身を預けては畏怖に凍れり
16
平成二十九年四月二十七日
もっと見る