カテゴリー: 自然

評価: (17)

拍手

詠み人:

かげろう (男性)

≫他のうたを見る
失われたものが多かった平成の埃を巻き上げて、季節はただただ次へのバトンを急ぎ、何も残さないかのように振る舞っている。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

コタロー
石川順一
千映
ひさ絵
煩悩
芝桜

一覧

平成三十年十一月六日
足下の風が誘い先に行く 時代のほこりを巻き上げながら