カテゴリー: 自然

評価: (23)

拍手

詠み人:

かげろう

≫他のうたを見る
夕景が夜景に変わってゆくしばらくの時、折角の湖の蒼い風で染めたならゆっくりと紫色も変化してゆくだろうにと感じました。

ブログ貼り付け用画像

リンクタグ

ブログに貼り付ける時はこちらから画像をダウンロードしてください

この歌のファン

Chico
石川順一
相市思咲(しえ)
秋日好
灰色猫
† 鵺雛 †

一覧

平成三十年七月十一日
傾ぐ陽をあふみの風でそめましを なだらかなりて紫の宵